Tag Archives: 不登校

【今週のフクシ・エントリ!】メルマガ抜粋版 9月号

06 10月 15
SCA 広報
, , , , , , ,
No Comments

今週のフクシ・エントリ!のロゴです

SCAのふくしばです!
「今週のフクシ・エントリ!」メルマガ抜粋版は、9月分よりひと月分まとめてお届けします。

※先月までの「今週のフクシ・エントリ!」まとめはこちら


《8/31~9/6》
 -気にするエントリ!


【厚労省:児童福祉司、国家資格に 増員など強化検討  – 毎日新聞】
先日飛び込んできたワンストップ相談窓口に社福採用というニュースで盛り上がったのもつかの間、児相がらみでどん底に落とされた気分。同じ厚労省なのに、どうしてこっちには社福を活用するという感覚がないのか不思議でなりません。認定社会福祉士などのときもそうですが、要らない資格を増やすのではなく、いまある資格をしっかり活かさせることをもっと訴えていかねばなりません。

【性的少数者10代男子、4割がいじめ経験 ケア呼びかけ:朝日新聞デジタル】
【「デートDV」6割相談せず 高校・大学生 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)】
若者たちのセクシャリティや人間関係に関する調査のエントリをふたつ。先日、某図書館のツイートも話題になりましたけど、大人たちが子どもたちに対してちゃんと見守っているよとしっかり伝えられるかが子どもたち、ひいては社会全体の包摂度を高めていけるのではないかなと思います。大人なら、ましてやソーシャルワーカーならなおさらじゃないですか?

【医療費、初の40兆円突破へ 14年度概算、過去最高更新 – 47NEWS(よんななニュース)】

【1人当たり医療費は西高東低、格差は最大1・5倍 – 産経ニュース】
どんどん増えてます。地域包括ケアの推進が叫ばれる中、ベッド数の適正化などは地方の福祉行政にもかなり影響を及ぼしそうです。ますます地域全体のもつ(創り出す)底力が試されることになることでしょう。そこで私たちソーシャルワーカーはいったい何ができて、何をすべきなのか、改めて考えていかなければなりませんね。

Read More…

今週のフクシ・エントリ! 8/9号 (メルマガ抜粋版)

09 8月 15
SCA 広報
, , , , , ,
one comments

今週のフクシ・エントリ!のロゴです
・『今週のフクシ・エントリ!』ふくしば(メルマガ版の再掲です)
 →見出しをクリックすると、各メディアのニュースページにジャンプします 
 ※先週の「今週のフクシ・エントリ!」はコチラ※

 
みなさま一週間のごぶさたいかがお過ごしでしたか? SCAのふくしばです。
8月は、原爆投下やジャンボ機墜落事故などひとの命に対して見つめなおす機会が多いですね。私たちソーシャルワーカーは、もっとしっかりビジョンを掲げて社会変革をDOしていかなければいけないぞ!…と意気込んでみたりもしますが、個人的にはひとりひとりが自分のまわりの幸せを願うだけで、世の中全体がもう少し幸せになれるのになぁとぼんやり考えたりもします。何ができるか、何をするべきか。この夏、少しでも多くのみなさんがちょっとでも思いを馳せていただけたら嬉しいです。
 
 
それでは今週も福祉職ならチェックしておきたい「気にするエントリ!」からご紹介してまいりましょう。
 
子どもの数は減っていても不登校の子どもの割合がまた増えてきているというエントリ。物言いの問題なのですが、時事通信(WSJの記事)では過去最高の不登校率を「最悪」と表現しています。たしかに学校に行けない・行かないということは社会にとって望ましいことではないのかもしれませんが、そのような状況にあることの理由を子どもや家族に押し付けて「最悪」と言い放つのはいささか無責任すぎるのではないでしょうか。
 
子ども関連のエントリを続けて。親が安心・安定して働くことができたとしても、預け先が不足していたり、家族のだんらんに時間的制約ができたりと子育て家庭を取り巻く環境もなかなか厳しいものになってきています。親の働き方の多様性といえばそれまでですが「そうせざるを得ない働き方の選択」を強いられているとすれば、社会的な働きかけがもっと必要になるのではないかと考えねばなりません。
 
ことし10月から始まる「マイナンバー制度」で発行される個人番号カードですが、さまざまな事情で住所地で受け取れないひとたちのために特別に住所地以外でも受け取れるようにするよというエントリ。ちゃんと施行前におふれが出てよかったです。あとは適正に運用されるようしっかり注視していきましょう。
 

Read More…