Tag Archives: 子ども家庭支援

【今週のフクシ・エントリ!】メルマガ抜粋版 2015年12月号

9 1月 , 2016,
SCA 広報
, , , , , , , , , , , , , , , ,
No Comments

今週のフクシ・エントリ!のロゴです

SCAのふくしばです!
「今週のフクシ・エントリ!」メルマガ抜粋版では、メルマガで紹介したエントリをひと月分まとめてお届けします。

※先月までの「今週のフクシ・エントリ!」まとめはこちら


《11/30~12/6》
 -気にするエントリ!


【子供の貧困2.9兆円の経済損失 15歳だけで、日本財団推計:日本経済新聞】

【子ども貧困基金、寄付低調 – 首相呼び掛けも大口なし | マイナビニュース】
【「子どもの貧困」時代になっても下がらない進学率】
【被災地 | 教育に貧困影響 「父が非正規・無職」倍増 – 毎日新聞】
子どもの貧困対策関連のエントリをまとめて。これだけ深刻さが分かっているのに、いまだに民間におんぶにだっこの政府の子どもの貧困対策。それとも本当に分かってないのでしょうか。全国的に厳しいんですから、被災地の子ども家庭は言わずもがなでしょう。本気で取り組む気を出してもらうよう私たちも働きかけていかなければなりませんね。

【【CBニュース】ストレスチェック制度、課題への対策早急に】
【「モンスター社員をうつ病にさせる方法」で物議の社労士「ダメージ与えて真人間に立ち直らせるのが真意」と釈明】
【民間大手や自治体などが相次ぎ参入:うつ病増加に労働人口減 日本の社会問題を「健康経営」は救えるか? (1/3) – ITmedia ビジネスオンライン】
【「メンタルヘルス市場」は数百億円規模? USENは企業向けに「癒しのBGM」を配信|ガジェット通信】
【ブラック企業大賞・セブン「収益構造に歪み」「メディアが取り上げない」実行委が指摘|弁護士ドットコムニュース】
12月から始まった企業における社員のストレスチェック義務化ですが、なかなか周知に至ってないようですね。その流れにあいまってブラック社労士の記事(情報元は現在メンテナンス中)も話題になってかなりの混乱ぶりがうかがえます。介護離職ゼロ方針も実現性に欠けますが、企業側で少しずつメンタルヘルス対策の重要性が広がりつつあることだけが望みというのはちょっと切ないです。あ、そうそう、今年のブラック企業大賞はセブンイレブンでした。

【精神疾患ある長女に「金遣いが荒く年金使われ…」殺害容疑で高齢夫妻を再逮捕 大阪・交野 – 産経ニュース】
【子供連れで同情を誘う?…男女を詐欺容疑で逮捕 : 読売新聞 】
家族ぐるみでの支援体制の脆弱性があらわになった事件のエントリをふたつ。子どもや障害のあるひとなど、いつでも弱い立場のひとが社会のほころびの犠牲になる…私たちソーシャルワーカーはもっと積極的に地域に出て、待ちの姿勢だけでは把握できないケースにどんどんアクセスする必要がさらに高まっているのではないでしょうか。

Read More…

【今週のフクシ・エントリ!】メルマガ抜粋版 11月号

23 12月 , 2015,
SCA 広報
, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,
No Comments

今週のフクシ・エントリ!のロゴです

SCAのふくしばです!
「今週のフクシ・エントリ!」メルマガ抜粋版では、メルマガで紹介したエントリをひと月分まとめてお届けします。

※先月までの「今週のフクシ・エントリ!」まとめはこちら


《11/2~11/8》
 -気にするエントリ!


【非正社員、初の4割 雇用側「賃金の節約」 厚労省調査:朝日新聞デジタル】
【非正規雇用、初の4割…厚労省調査 : 読売新聞】
【非正社員:初めて4割に上昇 パートや再雇用増 – 毎日新聞】
【平成26年就業形態の多様化に関する総合実態調査の概況|厚生労働省】
できるだけ人件費を抑えたい雇用側の立場と、非正規雇用から脱することのできない若者や育児や介護などで正社員として働くのが難しい被用者の生活環境が、残念ながらみごとにマッチングしてしまっているという現状。もちろん非正規雇用にもメリットもあるとは思いますが、被用者側からしてみれば…どうでしょうか。

【「女性トイレ禁止は差別」提訴へ 性同一性障害の公務員:朝日新聞デジタル】
【「ありえない…」マイナンバー通知カードに“点字”表記がないことに批判の声が続々】
【終活、行政が手助け 独居高齢者対象に「希望の葬式を」:朝日新聞デジタル】
【4割以上が介護保険“卒業” 和光市が行う無料支援とは|dot.ドット】
基礎自治体の取組みに関するエントリをまとめて。トイレ禁止やマイナンバーの件は、行政対応の至らなさを今さら取り上げるのもどうかと思ったのですが、それにしても…と感じたのでピックアップ。もうこういうものだという前提でアクションを起こしていかなければならないと思うとガッカリしてしまう面もありますが、そんな自治体だけでなく、チャレンジングな取組みを敢行しているところももちろんあります。いいところはみんなで取り入れて、そうでないところは反面教師として各々の施策に反映させていってもらいたいものです。

【「高齢者悪質商法110番」に相談12件。アダルトサイトに20万円支払いなど|BLOGOS】
【高齢者:「荷物預かり仕事」…実は詐欺加担の「受け子」に – 毎日新聞】
【老人クラブに互助組織 北海道・池田、来年度にも ごみ分別など負担軽く(北海道新聞) – goo ニュース】
高齢者の詐欺被害、次から次へと手を変え品を変え新たな手口が湧いてきます。ネットやメールでの架空請求も、比較的若いひとたちだけでなく高齢者にも広がっているというあたりに時代を感じます。今後もそうそう絶えることのないであろう詐欺被害を防ぐには、北海道・池田の取組みのように相互扶助のコミュニティが切り札になっていくかもしれませんね。

Read More…