Category Archives: イベント開催情報

5/7(土)開催『経験を言葉に!思いを伝える文章講座』

10 4月 , 2016,
SCAスタッフ
No Comments

SCA1
SCAメルマガ「ソーシャルワークタイムズ」は、購読者数1300名を超えました。

購読者の中には、豊富なご経験をもち、意欲の高い方々が多くいらっしゃると思われますが、「活動や経験を伝えたい。けど、何を書けばよいのか、どう書けばよいのか分からない。誰かにサポートしてもらいながら言葉にしていきたい。」など、ご自身の経験を文章化することにハードルを感じておられる声も聞かれます。

このたび、講師に、メルマガライターとして文章を寄稿いただいている澤さんをお招きし、「自身の経験を文章にすることで他者と共有したい、他者に貢献したい」という思いをもっておられる方を対象とした文章講座を開催します。

Read More…

(満員御礼・キャンセル待ち)4/24(日)開催『ソーシャルワークカフェ 〜もっと伝えよう、ソーシャルワーカーのこと〜』

27 3月 , 2016,
SCAスタッフ
No Comments

SCA

ソーシャルワーカーとしてお仕事・活動されているみなさま、日々おつかれさまです。 SCAメンバーの堀です。

突然ですが、「ソーシャルワーカーって何?」と、人から聞かれたとき、いつも自信を持って答えられていますか? この質問について、相手に伝わるように答えるのが難しいと感じることはないでしょうか。

私は、特にソーシャルワーカーに初めて出会う方、なんとなくは知っているけどよくわからないという方へ説明するとき、「この説明で私”たち”の仕事を正しく理解してもらえたのだろうか」という不安が毎回残ります。
「私」の仕事は理解してもらえたように思うけれど、「私たち」のことはどうなのだろう、ともやもやしてしまうのです。 なぜ私が「私」のことだけでなく、「私たち」、つまりソーシャルワーカー全般のことを伝えたいのかを考えてみると、(すでに困難な状況にあり支援を必要とする方々は言うまでもありませんが)、現在問題なく日常生活を送っている方々にも、私たちの存在と社会的な役割を知っておいてほしいという願いがあるからのように思います。

人々と私たちは、仕事上の関係をのぞくと、「被支援者」と「支援者」という立場で関わることがほとんどで、知り合う機会はかなり限られています。しかし、「社会的な支援を必要とする状況」に陥る可能性は誰にでもあり、普段から私たちを知っておいてもらうことは、様々な利点があると考えます。

今回のソーシャルワークカフェでは、なぜソーシャルワーカーという職種の説明に難しさを感じるのか、それはどのような思いからきているのか、なぜ伝えたいのか、どうすればもっと伝わるか、などを、同じ思いを持つソーシャルワーカーのみなさんと共有し、解決の糸口を探っていけたらと考えています。

当日は、お茶やお菓子をつまみながら、アットホームな会にしたいと思っていますので、どうぞお気軽にご参加ください。

開催概要
□ 日時:2016/4/24(日) 13:30~15:30 (開場:13:20〜)

□ 場所:ソーシャルビジネスラボ
住所東京都中央区日本橋蛎殻町1-21-6

□ アクセス:
東京メトロ半蔵門線「水天宮前」駅出口3から徒歩3分

東京メトロ日比谷線「人形町」駅A2出口から徒歩7分
東京メトロ東西線・日比谷線「茅場町」駅4a出口から徒歩7分

□ 参加費用:1,000円(軽食代込)
□ 参加定員:10名程度
□対象者: ソーシャルワーカーとして仕事や活動をしている方、またはその予定があり、テーマに関心のある方 ※テーマ上、学生不可とさせていただきますが、人数によりオブザーバーとしての参加が可能な場合もありますので、関心のある方はご相談ください。


【(満員御礼)参加申込フォームはこちらをクリック!】

*現在、キャンセル待ちとなっております。お申込みいただいたのち、キャンセルが出次第のご案内となります。ご了承ください。

3/20(日)開催 SCAスタディ&アクションツアーVol.1「ハンセン病資料館・多磨全生園」

14 2月 , 2016,
SCA 広報
2 comments

ハンセン病資料館エントランスの画像です
SCAのふくしばです。

来たる3/20(日)に、ソーシャルワーカーや人権擁護に興味のある方を対象に、SCA流のスタディツアーを企画・開催いたします。

その第一回目として選んだのは、ハンセン病患者・回復者に対する差別と偏見、人権回復の歴史を余すところなく展示する「ハンセン病資料館」「多磨全生園(たまぜんしょうえん)」です。有効な予防や治療法が確立されたあとも、国をはじめ、地域全体から差別・偏見にさらされ続けてきたハンセン病患者・回復者やその家族たち。ハンセン病患者・回復者のための国立療養所であり、生活の場である「多磨全生園」内にある「国立ハンセン病資料館」の展示見学や語り部(ハンセン病当事者)・平沢保治さんのお話し会へ参加することで、ハンセン病に関する基礎知識や彼らを取り巻く歴史と環境を肌で感じ、同じような悲劇をふたたび世に生み出さないためにも、私たちソーシャルワーカーに何ができるか、何をすべきかを参加者同士のミニワークショップを通して考えてみたいと思います。

Read More…

【Social Action Drinks】渋谷・Connecting The Dotsへの行きかた案内

28 1月 , 2016,
SCA 広報
2 comments

【2016/1/29(金)Social Action Drinks Vol.3 開催!】
(↑クリックするとイベント詳細・参加申込みページにジャンプします↑)

渋谷駅から「Connecting The Dots」への行き方を画像付きでご案内します。


Read More…

1/29(金)開催「Social Action Drinks vol.3 」@渋谷

25 12月 , 2015,
SAKATA
2 comments

sa

1/29(金)渋谷にて、第3回『Social Action Drinks(ドリンクス)』を開催いたします。
ドリンクスは、当事者・支援者(ソーシャルワーカー)・NPOや活動家など、何かしらのアクションを起こしている方をゲストとしてお招きし、参加者との自由な対話の中で新しい気づきを得る、アットホームなネットワーキングの場です。

3回目となる今回は、これまでの「気軽さ」というコンセプトを維持しつつ、ゲストの抱える課題について、参加者まじえた自由な対話によって課題解決のヒントをみつけていきます。

ゲストは 「先天性代謝異常症のこどもを守る会」代表の柏木明子さんです。
先天性代謝異常症のこどもをもつ当事者であり、救う術のあるこどもが救われていない日本の現状へのやりきれなさから10年前に当事者団体を立ち上げ、医師や病院への情報提供や家族サポートといった活動をされてきました。医師、研究者、行政や政治家その他の職種の支援者と協働して新生児向けの予防措置のしくみ(*)の改革にも邁進した経緯をお持ちです。
(*)タンデムマス・スクリーニング(新生児のうちに代謝異常の有無を発見できる新しい検査方法)
柏木さん

 

当日、柏木さんには、これまで進めてきたアクションの具体的なお話と、「当事者」が地域で安心して暮らしていくうえでの障壁や課題についてお話いただく予定です。

  • アクションの始め方、進め方に興味がある方
  • 自分の知識やスキルを課題解決に活かしたい方
  • 自分にできることを見つけたい方
  • 地域でのソーシャルワークの可能性について興味がある方

は、是非参加してみてください。


■■■ 開催概要 ■■■
□ 日時 : 1/29(金) 19:30〜21:30 
□ 場所 : 渋谷 Connecting The Dots 4F (渋谷のアップルストアのすぐ近く)
□ アクセス : JR渋谷駅から徒歩4分 / 地下鉄半蔵門線6番出口から徒歩3分
   [ MAP ] https://dots.bz/access-map
  ※情報追加※ Dotsまでの画像付き道案内ページはこちらをクリック!
□ 参加費 : 一般2500円、学生2000円(ドリンク1杯と軽食込の値段です.)
□ 定員 : 20名 (先着順)

【参加申込はこちらをクリック】

Read More…

11/20(金)開催「Social Action Drinks Vol2@渋谷」

24 10月 , 2015,
SCAスタッフ
No Comments

sa

11/20(金)渋谷にて、第2回『Social Action Drinks』を開催いたします。
当事者・支援者問わず、何かしらのソーシャルアクションを起こしている人たちをゲストにお呼びし、ともに学び、密度の濃いネットワーキングの場を創ることを目的として1.5が月に1度開催をしています。

Read More…

10/23(金)渋谷開催『Social Action Drinks@渋谷』

27 9月 , 2015,
SCAスタッフ
No Comments

social-action-drinks-banner

2015年10月より、『Social Action Drinks』と称した学びと交流を目的にしたイベントを開催します。
当事者・支援者問わず、何かしらのソーシャルアクションを起こしている人たちをゲストにお呼びし、ともに学び、密度の濃いネットワーキングの場を創ることを目的に、1,2ヶ月に1回、定期開催の予定です。

第1回は、ご挨拶もかねて、私たちSocial Change Agencyが今後行っていく事業の全体像をみなさんにお伝えするとともに、広く領域を問わないネットワークをみなさんと共に創るための場にしたいと考えています。

私たちは今まで、援助者間のネットワーク構築や研修開催、学生さん、一般の方へのソーシャルワーカーの仕事を伝える活動などを行っていましたが、今後は今までに構築したネットワークを活かし、”ソーシャルアクション”を事業のコアとしてリ・スタートしていく予定です。

第1
回は、以下について話題提供をさせていただく予定です。

・職業としてのソーシャルワーカーの社会的意義と、その発信・伝達(代表の横山が
第45回全国社会福祉教育セミナー で話をする予定の内容の簡易版です

・現在、SCAが関わっている水面下で進行中の当事者団体との協働ソーシャルアクションについて

障害系当事者団体、医療系当事者団体、社会福祉施設情報に関するアクセシビリティ向上の取り組みについて(行政へのヒアリング)など。

今後私たちがどのようなミッションのもと、事業をすすめていくのかを、お話させていただければと思っています。多くの方とお会い出来ることを楽しみにしています!

dot


 

 

 

 

 

 

 

 

 

開催日時:10/23(金)19:30〜21:30 
場所:渋谷dots(4F貸切.渋谷のアップルストアのすぐ近くです)
アクセス:JR渋谷駅から徒歩4分 / 地下鉄半蔵門線6番出口から徒歩3分
MAP:https://dots.bz/access-map
参加費:一般2500円、学生2000円(ドリンク1杯と軽食込の値段です.)
定員:20名(先着順)

【参加申込はこちらをクリック】

 

sott

会場の写真

9/5(土)新宿開催「セルフケアの技法としてのマインドフルネス研修」(対人援助職対象)

2 8月 , 2015,
SCAスタッフ
No Comments

SCA
対人援助職のセルフケア・自己覚知の技術に関連して、マインドフルネスに関する研修会を開催します。


グーグルなど、欧米の有名企業が能力向上のトレーニングとして「マインドフルネス」を取り入れていることは有名な話です。「評価や価値判断にとらわれることなく、今の瞬間に意識を向ける」というこの実践は、ストレスの軽減、脳の活性化、チームワークや生産性の向上、創造性の発揮など、様々な効果が注目されています。

Read More…

7/5(日)都内開催「福祉ってどんな仕事?-ソーシャルワーカー の可能性2015-」

17 5月 , 2015,
SCAスタッフ
No Comments

hu

7/5(日)に「福祉ってどんな仕事?-ソーシャルワーカーの可能性2015-」を開催いたします。

ソーシャルワーカーとして多領域で働く方々の話を、学生やこの職業を志す方々が聞くことができる機会をつくることで、職業選択の際の材料にしてもらうことや、現場に出たのちに活用できるネットワークをつくる一助にしていただくことを目的として開催いたします。

Read More…

【講演】6/6(土)江東社会福祉会 平成27年度 第13回定期総会 記念講演会にて代表の横山が登壇します。

13 5月 , 2015,
SCAスタッフ
No Comments

6/6(土)江東社会福祉会 平成27年度 第13回 定期総会 記念講演会にて、「なぜソーシャルワーカーが、社会に“問題”を提起し、アクションを興す必要があるのか?」というテーマで、代表の横山が話をさせていただきます。

 

平成27年6月6日(土)

記念講演会 14時00分~16時00分
総会 16時00分~16時45分

ところ 江東区文化センター3階 第5研修室
(東京メトロ東西線 東陽町駅 1番 出口より徒歩5分)
参加料 200円
*事前申込は不要です。会場に直接お越しく ださい*
お問い合わせ・連絡先 江東社会福祉士会事務局
TEL 090-5553-7024(間庭)

以下、江東社会福祉会ホームページへ

http://goo.gl/HhBDbN