Blog Detail

【今週のフクシ・エントリ!】メルマガ抜粋版 2016年7月号

10 8月 , 2016,
SCA 広報
No Comments

今週のフクシ・エントリ!のロゴです

SCAのふくしばです!
「今週のフクシ・エントリ!」メルマガ抜粋版では、メルマガで紹介したエントリをひと月分まとめてお届けします。

※先月までの「今週のフクシ・エントリ!」まとめはこちら


※《6/27~7/3》おやすみ

——————————————————————————————————————

《7/4~7/10》
 -気にするエントリ!


【<参院選>置き去り 障害者の投票環境  – 宮城のニュース – 47NEWS(河北新報)】
【参院選選挙区:政見放送に手話や字幕ないまま – 毎日新聞】
【権利回復した被後見人、投票なお手探り 参院選:日本経済新聞】
【アングル:参院選公約に盛り込まれたLGBT、理解は進んだか|ロイター】
というわけでまずは選挙関連エントリを。どの選挙においてもいえるのは、政策比較や政党選択はもちろん大事ですが、けっきょくは実際に一票投じることができなければ、それらは意味をなさないということ。選挙権というあたりまえの権利を誰もがあたりまえに行使するために、足りないこと、さらに足すべきことをしっかり検証して実践していかねばなりません。

【在宅死:人口5万人以上、最大4.65倍格差 病床数など関係か 厚労省調査 – 毎日新聞】
【介護休業取得で判定基準を緩和 厚労省:日本経済新聞】
【特養待機者:調査へ 整備抑制の可能性 厚労省 – 毎日新聞】
【NHKスペシャル 介護殺人 なぜ一線を越えたのか?|認知症ねっと】
在宅介護をめぐるエントリをまとめて。施設入所に依存せずにできるだけ在宅で…などと言われ続けてもうだいぶたちますが、環境改善にはまだまだ課題が山積です。在宅での看取りにせよ家族介護者支援にせよ、進めたい気持ちばかりが先走って、実際の環境整備が追いついていない現実に、私たちソーシャルワーカーももっど言及し、行動していかなければなりませんね。一生懸命介護する家族を手にかけてしまう…そんな現状を許容しつづける社会に断固として「NO」を。

【日本ソーシャルワーク教育学校連盟が来年4月に発足 3団体が合併 | 福祉新聞】
【江戸川区社協がつながりの拠点を開設 全世代対応型の地域包括ケアへ | 福祉新聞】
ソーシャルワーカー養成関連3団体が無事合併へ。あとは職能団体の合併ですね。ソーシャルワーカー個々人にはデメリットしかない職能団体の分離運営、ただ窓口を一本化するだけなのに、いったい何がそんなに弊害なのでしょうか…。地域の窓口はどんどん一本化してますよ!

《7/4~7/10》
 -気になるエントリ!


【全盲記者・岩下恭士のユニバーサロン:障害者も使いやすい楽器を /東京 – 毎日新聞】
【【イノベーター】遠隔手話サービス 聴覚障害者の社会進出に貢献 – SankeiBiz(サンケイビズ)】
【3Dプリンタで写真や絵を立体化 – 視覚障害者向け絵本製作サービスが今夏スタート|fabcross】
【東京新聞:赤信号に埋め込んだ「×印」 色覚障害者にくっきり:暮らし(TOKYO Web)】
視覚障害者などに向けたフォーマットの変換等を著作権法の保護範囲外とする「マラケシュ条約」発効へ | スラド|財経新聞】
【eye:筋電義手の子どもたち 僕の手が動いたよ – 毎日新聞】
今週はテクノロジー系のエントリをまとめて。新時代の技術革新により、今まで不可能だったことややってみたかったことがどんどん実現できるようになってきて、障害のあるひともないひとも、みんなそれぞれにその恩恵を享受できる時代になりつつあります。あとは、そのテクノロジーとニーズをどうやってマッチングさせるか、そのへんでソーシャルワーカーもおおいに貢献できそうな気がします。

——————————————————————————————————————

《7/11~7/17》
 -気にするエントリ!


【がん:新規患者100万人 16年予測 初の大台 – 毎日新聞】
【がん検診受診率、国保加入者を対象に算定へ|CBニュース】
【残された者の苦痛に寄り添う「遺族外来」 | 医療プレミア特集 | 西田佐保子 | 毎日新聞「医療プレミア」】
【心の痛みを“聴いて”がんを癒やす | 医療プレミア特集 | 西田佐保子 | 毎日新聞「医療プレミア」】
【がん免疫薬での治療「適切な医療機関で」…劇的に効く患者の一方、死に至る副作用も : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)】
【末期がん患者のケア不十分…専門病院以外の「一般病棟」での看取り51% : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)】
がんに関するエントリをまとめて。日本人の2人にひとりががんにかかり、3人にひとりががんで亡くなる一方で、医療技術の発達によって「がんと共存する」という選択肢を選べるようになる(選ばざるを得なくなる)ことがますます増えていく時代。私たちソーシャルワーカーは、生活と権利をまもる専門職として、がんにかかったひとたちやその家族が安心して暮らし続けられるために、またそういう環境になったときの「生き方」「死に方」を選択肢として分かりやすく提示できるように、「がんとの暮らし」に対してもっと積極的に介入していくことが今後は求めらていきそうです。

【高齢者世帯初の25%超え 子育て世帯は微増 平成27年国民生活基礎調査 – 産経ニュース】
【「生活苦しい」なお6割=平均所得2.5%増-厚労省:時事ドットコム】
【平均所得、児童のいる世帯で712万9千円…厚労省調べ | リセマム】
【平成27年 国民生活基礎調査の概況|厚生労働省】
5年毎に全数調査が行われる国勢調査と並行して、3年にいちど無作為抽出による大規模調査が行われる「国民生活基礎調査」。特に国民の健康や所得などについてピックアップして調査されるものですが、今回発表された平成27年度版は中間年なので簡易調査です。ちょっと取り上げている項目が多いので、詳しくは厚労省が公表した元データも含めてリンク先をご覧ください。メディアでは所得に関するデータを取り上げたところが多かったですね。

《7/11~7/17》
 -気になるエントリ!


【都内の特養は平均収支差マイナス 経営補助金でカバー | 福祉新聞】
【法人経営見通し悪く WAMが福祉版「短観」を初公表 | 福祉新聞】
福祉経営にまつわるエントリを。社会福祉法人改革などが叫ばれる昨今、たしかにそれなりに「福祉」を担ってきた福祉事業者ですが、限られた財源の中で最大限の効果を上げるためにどうすればいいかという部分は、今後持続的に事業運営するためには必須の作業になります。「経営者が経営を知る」ことはもちろん、その事業の最前線で活動する福祉従事者たちも、自分たちの支援のためにどういう経営が望ましいかを考える機会をつくっていけたら、もっと業界全体が良い方向に向かうのではないでしょうか。

【「なかったこと」にされる性暴力=予防へ、早い段階から啓発-熊本地震:時事ドットコム】
【熊本地震:関連死疑い130人に…遺族、64人認定請求 – 毎日新聞】
【熊本地震3か月 きょうもボランティアが支援活動 | NHKニュース】
熊本・大分地震から3ヶ月ということで改めて。これからもいい意味で被災の経験が「蓄積」されるように、私たちも継続的に話題として取り上げていきたいです。

——————————————————————————————————————

《7/18~7/24》
 -気にするエントリ!


【低所得者向けに空き家を活用 国交省、家賃を一部補助へ:朝日新聞デジタル】
【生活保護者の医療費抑制、データで健康管理強化 : 読売新聞 】
【所得連動奨学金で日弁連が意見書 制度の見直し求める| 教育新聞 電子版】
【福祉医療費助成制度:対象広げ患者負担増も 大阪府、月1000~3500円上げ案 – 毎日新聞】
低所得者支援に関するエントリを。国も地方も限られた財源の中、持続的に最低限度の生活を保障していくために四苦八苦しているところですが、誰もが納得できる施策をなかなか打ち出せずにいるのは共通点でしょう。何とか行政がうまく舵切りできるように、市民の生活支援の最前線にいるソーシャルワーカーから提言していきたいものです。

【自公、LGBT支援法を臨時国会提出へ:日本経済新聞
【LGBTへの配慮、先進事例を全部署に拡大 大阪市:朝日新聞デジタル】
【楽天、社内規定を改定して同性パートナーも配偶者として福利厚生の対象に~サービスでもLGBT対応を推進 – ネタとぴ】
【NBA、17年オールスター戦の開催地変更 成立法の内容に抗議:日本経済新聞】
セクシャル・マイノリティに関するエントリをまとめて。行政・民間ともにセクシャリティに関する認知が広がってきている反面、国際的にも保守的な思想によってなかなか受容が進まないという現状も同時にあります。福祉政策的には、病気や障害とも言い切れないカテゴリに予算や施策を立てるのが難しいのはわかりますが、時代に沿った「新しい福祉」を検討・推進するには、充分な時期に来ていると思います。

【統合失調症の治療薬 85人死亡の余波 〈週刊朝日〉|dot.ドット 朝日新聞出版】
【カルテの全開示を求める裁判 黒塗りじゃわかりません! 何も隠さず全開示を!!|DPI日本会議ブログ】
【精神障がい者の職場定着へ、職場の「緩いつながり」と 「適切な業務の切り出し」が重要に : 読売新聞 】
精神疾患・精神障害に関するエントリ。悲しいことに、悔しいことに、社会全体の精神障害のあるひとたちに対する人権侵害容認の空気、なかなかに改善することができていません。障害者雇用に関しても、身体障害や知的障害のあるひとたちに比べても、環境が恵まれているとはまだまだ言いがたいのですが、障害者雇用促進法の施行を前に、少しずつですが企業での取組みも進められつつあります。さあ、「障害格差」を解消するためにソーシャルワーカーができることは。

《7/18~7/24》
 -気になるエントリ!


【貧困と生活保護(35) ケースワーカーの数と質が足りない : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)】
【<CSW>復興まちづくりで存在感 – 47NEWS(河北新報)】
【 子どもの貧困解決へ 社会福祉士、弁護士、NPO職員ら連携|WAM通信(山陽新聞)
毎年海の日は、ソーシャルワーカーの啓発のための「ソーシャルワーカーデー」。SCAのメルマガ読者の方なら、せっかくなんで名前だけでも覚えていってくださいね(笑)。しかし、今年は中央集会なども薬物依存の当事者として田代まさし氏をゲストに呼んだりしましたが、残念ながらメディアでもほとんど取り上げられず、一般市民への啓発としてはあまり成功したとは言えそうにありません。むしろソーシャルワーカーや社会福祉士の存在感や存在意義がなかなか伝わらないことで、結果的に市民の福祉が阻害されてる潮流さえ感じます。私たちひとりひとりがソーシャルワーカーの職務や地域での役割を積極的に発信していく必要が、どうやらまだまだありそうです。

——————————————————————————————————————

《7/25~7/31》
 -気にするエントリ!


【神奈川県立津久井やまゆり園での事件について | 全国手をつなぐ育成会連合会全国手をつなぐ育成会連合会】
【相模原障害者施設殺傷事件の報道について緊急要望書を提出|COMHBO 地域精神保健福祉機構】
【緊急抗議声明:相模原市障害者殺傷事件に対する抗議声明|DPI日本会議ブログ】
【相模原殺傷「生命の尊厳の冒とく」県社会福祉士会が会長声明 – 長野のニュース – 47NEWS(信濃毎日新聞)】
いろいろな報道がなされていますが、ここでは事件に対する各方面からの声を中心に。各団体ごとに訴えは若干異なりますが、おおむねソーシャル・インクルージョンの重要性と精神障害者への差別・偏見に対する反対という内容です。実は日本社会福祉士会からも声明が出されていますが、長野の県士会に比べて事件に対する言及度合いが極めて低いため、あえてここでは取り上げません。

【知的障害:通所女性が中絶 「望まない妊娠、再発防止を」 20代男女、施設内で性行為 施設側、認識の甘さ認める /神奈川 – 毎日新聞】
【【子供を性被害から守れ】被害者総合ケア ワンストップ支援センター始動 – 産経ニュース】
セクシャリティに関するエントリ。障害者の性について、施設内でどう捉えるかというのはとても難しい問題です。ただ、「難しい」で終わらせることなく、施設や地域全体で同様の問題について考えていく機会をつくることは、きっと今後の支援にも役立つはず。できるだけ課題をオープンにしてより多くのひとたちに知ってもらえたらよいのかもしれません。長野のワンストップ支援センターも子どもだけでなく、被害にあったすべてのひとたちにとって最小限の負担で済むような窓口になるよう願っています。

【社会的入院、1年超の子どもも 虐待恐れ退院できず:朝日新聞デジタル】
【「無戸籍」の子供、4割が生活困窮…文科省調査 : 読売新聞 】
【「認定こども園」が4千カ所に 4月時点で内閣府 | 2016/7/28 – 共同通信 47NEWS】
子どもに関するエントリをまとめて。「1億総活躍」の旗振りのもと、子ども家庭支援にもスポットが当たってきてはいますが、まだまだ穏やかに暮らせていない子どもたちもたくさんいます。こうやってできるだけ問題を数値化し、確認することで、実効的な施策づくりにつなげていきたいものです。そこにソーシャルワーカーだどれだけ介入していけるか、今後の福祉の行く末に関わっていくのではないでしょうか。

※《7/25~7/31》 -気になるエントリ!なし

——————————————————————————————————————

以上、2016年7/10号から7/31号までの「今週のフクシ・エントリ!」をまとめてお届けしました。

「今週のフクシ・エントリ!」は、メルマガではぎゅぎゅっと凝縮した抜粋版をお届けしておりますが、はてなブックマーク(はてブ)やツイッターではこちらで紹介しきれないさまざまな福祉関連ニュースやトピックなども随時取り上げておりますので、お時間のある方はそちらもぜひチェックしてみてください。「はてブ」では、ジャンルごとにタグ分けしておりますので、特定ジャンルのエントリだけをまとめて閲覧することもできますので、ご活用ください。また毎週のメルマガ記事はSCAサイトにも再掲いたしますので、合わせてご覧ください。

【今週のフクシ・エントリ! by SCA(はてブ)】
 →今までにピックアップしてきたニュースを全て閲覧できます!(リンク切れの場合あり)
http://b.hatena.ne.jp/sca_fukushi-entry/bookmark
【Social Change Agency ツイッターアカウント】
 →はてなブックマークへ取り込んだニュースをツイッターでも同時配信中♪
http://twitter.com/sca20130824
【「今週のフクシ・エントリ!」メルマガ抜粋版 一覧ページ】
 →メルマガに掲載した記事をSCAサイトに再掲します(ひと月分を月末にまとめて)
http://social-change-agency.com/archives/category/fukushi-entry


それでは、2016年7月分の「今週のフクシ・エントリ!」はここまで。

「今週のフクシ・エントリ!」が毎週読めるメールマガジン「ソーシャルワーク・タイムズ」は、
以下のフォームより購読申し込みできます!
↓ ↓ ↓