Blog Detail

【今週のフクシ・エントリ!】メルマガ抜粋版 2016年4月号

9 8月 , 2016,
SCA 広報
No Comments

今週のフクシ・エントリ!のロゴです

SCAのふくしばです!
「今週のフクシ・エントリ!」メルマガ抜粋版では、メルマガで紹介したエントリをひと月分まとめてお届けします。

※先月までの「今週のフクシ・エントリ!」まとめはこちら


《3/28~4/3》
 -気にするエントリ!

【介福士国試、合格率が6割割り込む|CBニュース】

【EPA、介護福祉士に外国人82人 合格率最高の50%:朝日新聞デジタル】
【「介護福祉士育成校」入学者は定員の半分…全都道府県で定員割れ】
【15年度にベア実施の介護施設、なお2割弱 厚労省の賃金調査:日本経済新聞】
そういえば、社会福祉士・精神保健福祉士の合格発表の記事は、イベレポでスルーしてしまってました。というわけで介護福祉士だけでも。いよいよ合格率が6割を割り込んできたというネタより、養成校の入学者が定員の半分しか満たされてないとか介護職員の給与が全然上がらないという方がかなりインパクトありますね。某会はこういうネタには意見書を出してこないんでしょうか。

【社福法人に地域貢献を義務付け 改正社会福祉法が成立:日本経済新聞】
【従業員向け保育所、認可外でも補助へ 4月に創設:朝日新聞デジタル】
【待機児童は「児童福祉法」と「憲法」に違反する! 弁護士が国と市町村の怠慢を批判|弁護士ドットコムニュース】
昨年お流れになってしまった改正社会福祉法がようやく成立。社会福祉法人も新たな岐路に立たされることになりそうです。福祉に関わる事業すべてが社会福祉法人の運営ではありませんが、それをリードする立場として、社福法人にはもっとがんばっていただきたいものです。福祉の対象者を放置するのは、行政や公的機関の怠慢のほか何ものでもありません。

【児童虐待ダイヤル、案内短縮し児相につながりやすく 新年度から70秒→30秒に – 産経ニュース】
【児相・市町村へ虐待照会=見逃し防止、警察庁通達:時事ドットコム】
【人事:徳島市異動600人 社会福祉士を初の正規採用 /徳島 – 毎日新聞】
児童虐待対策が少しずつですが形になってきています。もちろんまだまだ足りないのは言うまでもありませんが、市民や当事者といっしょに、私たちソーシャルワーカーが制度のほころびをしっかり見抜き、率先してパッチを当てていかなければなりません。もっと多くのひとと手を取り合って、もっと団結して、全力で立ち向かうことが、私たちの存在意義なのではないでしょうか。徳島市のケースのように行政にもどんどん幅を利かせていきたいですね。

《3/28~4/3》
 -気になるエントリ!

【排除せず、受け止めて…障害者らパレード |日テレNEWS24】
【新年度:スタート(60人が鹿児島市内パレード 障害者差別解消法施行PR)/鹿児島 – 毎日新聞】
満を持して、ということで、障害者差別解消法施行に合わせて障害のあるひとたちやその支援者らが各地でパレード。「障害者」と一口にいっても、そのひとの状態や困りごとは本当にそれぞれ。彼らに寄り添い支えるソーシャルワーカーとしても、障害の有無や種別だけで切り取らず、個を尊重しながら、そこから社会に何を発信できるかを当事者といっしょに考え続けていきたいですね。

【介護事業者の利用者囲い込み対策「効果不十分」 報酬減額:日本経済新聞】
この問題は以前北海道の福祉ブロガー・masaさんもおっしゃってましたが、囲い込みだろうがなんだろうが、良いサービスをしているならどんどん使うべきだし、一律に規制しても利用者が良い介護サービスを受ける権利を侵害するだけでしょうよと。介護予防の有効性やICTの積極的活用などといっしょにもっと整理されるべき課題ではないでしょうか。

【ハンセン病の隔離法廷、最高裁が誤り認め謝罪へ : 読売新聞 】
このエントリ、上の「気にするエントリ!」で取り上げたほうがいいのかなとも思ったのですが、まだ実際に最高裁の謝罪にまで至っていないので、ここで取り上げておきます。実際に最高裁が過去の司法手続の過ちについて謝罪ということになれば、これは人権擁護の歴史の中でもかなりエポックメイキングな事件になりそうなので、今後も逐次追いかけていくとしましょう。

【届け 私の声 生かして、街づくりに:朝日新聞デジタル】
【中1機転で認知症女性保護下校途中に道聞かれ直感 – 栃木 – 47NEWS(東京新聞)】
締めは、認知症高齢者にまつわるソーシャルアクションをまとめて。日本認知症ワーキンググループの当事者によるロビイング活動ももちろん注目すべきなのですが、中学生が認知症の女性を助けたニュースにはグッときました。中学生本人もすばらしいですが、家に連れてくるよう声をかけた父親もすばらしい!知らなければ何もできないかもしれないけど、ちょっと知っているだけで大きなことができることもある。「福祉」ってそういうものなんじゃないかなと。

——————————————————————————————————————

《4/4~4/10》
 -気にするエントリ!


【精神科、患者拘束1万人超す…10年間で2倍に : 読売新聞】
【追跡:公共交通機関割引 精神障害者への適用4割 事業者「行政の補助ないと…」- 毎日新聞】
【成年後見制度促進法が成立 「市民後見人」活用を明記:朝日新聞デジタル】
精神障害のあるひとの権利の侵害されっぷりは、他の障害者のそれと比べてもかなり目に余るものがありますが、こうやって数字で出てくるとますますその現状があらわになりますね。4月に障害者差別解消法が施行になったばかりだというのに、これが現実です。成年後見制度の促進で権利擁護のしくみも少しずつ整いつつはありますが、本人たちの声の上げにくさがそのまま権利侵害の深さに直結している部分もありますし、私たちソーシャルワーカーからも声を上げるサポートをまだまだしていかなければなりません。

【要介護率の地域差1.6倍 大阪で最大、22.4%:日本経済新聞】
【在宅介護:「限界」7割 毎日新聞調査、家族の負担浮き彫り – 毎日新聞】
【介護施設の入居、スタッフの対応が最も不安|CBnews】
【「上司にも相談できない」介護離職、年10万人の?苦悩?8割が女性、企業の重要テーマに – 産経ニュース】
【介護離職「考えた」3割 連合調べ、「業務に支障」多く:日本経済新聞】
介護をめぐる調査結果をまとめて。なぜこれほどまでに高齢者の介護というものがネガティブなものになってしまったのか、私たちはもっと真剣に考え、向き合わなければいけません。在宅でも不安、施設でも不安。いったいどんな形の介護ならば介護者や介護を受ける高齢者が安心して受けられるものになるのか。さらに社会保障として持続できるしくみになるのか。答えは、まだまだ先ではありますが。

《4/4~4/10》
 -気になるエントリ!


【生活保護政策を決めるのは誰? 財務省・厚労省「綱引き」の中身|生活保護のリアル~私たちの明日は? みわよしこ|ダイヤモンド・オンライン】
このコーナーでもおなじみのみわさんのコラム。今回は、生活保護政策をめぐる財務省と厚労省の駆け引きが取り上げられていました。私たちソーシャルワーカーは、クライアントに対するケースワークを大事にするのはもちろん、その背景にある「しくみ」にもちゃんと目を向けていないと、クライアントの生活を無駄に脅かしかねません。「しくみ」がどうやって運用され、どのように下りてくるのか、それが生活にどんな影響を及ぼすのか、しっかり抑えておきましょう。

【ダウン症の人8割に就労経験…厚労省研究班調査 : 読売新聞 】
【介護と農業担う知的障害者育成 塾開所 – 宮城のニュース – 47NEWS(河北新報)】
【障害を持つ学生への配慮へ手引作成へ 文科省、大学向け:朝日新聞デジタル】
障害があるなしにかかわらず、社会のために活躍できる場があるということはとても有意義なことです。はじめから頭ごなしにダメと決めつけるより、どんなことならできるのか、また、できるようにするにはどうすればいいか、私たちこそが率先して実践していくことで、そういう社会や場をつくっていく足がかりができるというもの。機会の創出と平等化もソーシャルワーカーの大事な役割のひとつです。

【助けたい拒まれても : 読売新聞 】
【鹿児島国際大:交通事故で半身不随の元スイマー・立山さん、入学 競技生活断念、社会福祉士目指す /鹿児島 – 毎日新聞】
【児童や教職員の力に 社会福祉士の資格に挑戦 前国東小校長 – 47NEWS(大分合同新聞)】
締めは、現場で多くの苦悩を抱えながらも懸命に頑張っているソーシャルワーカーと、そんなソーシャルワーカーをめざすひとたちのエントリを。こういう記事を見ると、少しずつですが、ソーシャルワーカーという仕事が知られてきていることを実感しつつ、また、まだまだ頑張らねばと励まされる思いです。この仕事がより多くのひとに目指してもらえるようになれば嬉しいかぎりですね。

——————————————————————————————————————

《4/11~4/17》
 -熊本・大分地震関連


【平成28年熊本地震に関する各種情報|CANPANブログ】
【配慮が必要な人の避難生活のための参考情報(平成28年度熊本地震)|CANPANブログ】
【全社協 被災地支援・災害ボランティア情報】
NPO・市民活動支援を行うCANPANのブログ、よくまとまっています。災害時の福祉・支援策や寄付・募金サイト、現場の生活・支援で役に立つ情報サイトなど、おおよその情報はこちらで入手できるのではないかと。全社協の特設サイトも被災地の支援や災害時のボランティアについて分かりやすく説明されているので、ぜひご一読を。

【被災した方々への生活支援について、被災者と関係者が把握しておくべき6の知識】
【被災者への配慮、金融機関に要請 熊本地震で財務省・日銀:日本経済新聞】
【被災の高齢者 介護施設受け入れ : 読売新聞 】
【証明書なくても労災受け付け 失業給付も支給へ:朝日新聞デジタル】
【熊本地震:子どもの心支援を NGOがサイト開設 – 毎日新聞】
【家の補修費、被災者へ低金利貸し付け 住宅金融支援機構:朝日新聞デジタル】
【熊本地震:ボランティア・物資、焦らないで – 毎日新聞】
各所でさまざまな支援が展開されつつあります。こういう非常時に私たち福祉の専門職がまずすべきは、災害時に利用できる支援・サービスについてしっかり把握しておく(少なくともどこで確認できるかだけでも知っておく)ことと、ひとびとの生活不安につけ込んで侵入してくるデマや詐欺情報に対して、しっかり「NO」を突きつけること。人権と生活を守るソーシャルワーカーたるもの、まわりのひとたちに安心を届けられる姿勢を保ちつつ、支援者同士で密に連帯をとって支えあいながら自分たちをできるだけ疲弊させずに実践していきたいですね。

——————————————————————————————————————

※《4/18~4/24》おやすみ

——————————————————————————————————————

《4/25~5/1》
 -気にするエントリ!


【ハンセン病:元患者ら「身内に甘い判断」特別法廷報告書に – 毎日新聞】
【元患者「胸に響かぬ」 ハンセン病特別法廷、違憲認めず:朝日新聞デジタル】
週明け1発めは、このニュースが飛び込んできましたね。当時の違法可能性に関しては認め、謝罪という形は取りましたが、残念ながら違憲という判断にまでは踏み込みませんでした。まだハンセン病問題は「終わっていません」。

【妊産婦自殺:10年で63人…東京23区 産後うつ影響か – 毎日新聞】
【保育所探し:「妊娠中から」15% 希望通り6割弱 – 毎日新聞】
【保育士給与、2%増を表明=介護士も月1万円引き上げへ-安倍首相|WSJ】
【育児しながら介護「ダブルケア」25万人 内閣府推計:朝日新聞デジタル】
【【参院選】生活・主浜副代表が「介護」で不出馬を表明 野党共闘に影響も – 産経ニュース】
介護と保育の問題。サービスの受け手支援も担い手支援も、どちらもまだまだ改善までは程遠いという印象ですね。どうしても女性が割を食わされてしまうという環境に何とかくさびを打ち込みたいところ。邪推ですが、介護で不出馬表明された議員さんは、まわりの人に相当「無理だ」「ムチャだ」と言われていたんだろうなぁと。

【虐待防止へ児相増員=福祉司2割、心理司3割-厚労省:時事ドットコム】
【フリースクールの認定見送り=不登校対策で法案-超党派議連:時事ドットコム】
子どもの支援に関するエントリをふたつ。学校での支援教員増員に加え、児相職員もようやく増員へ。しかし不登校対策では、なかなか不登校の子どもを子育て社会全体で包摂できる策は見いだせていないようですね。まだまだ声を上げていかねばなりません。

《4/25~5/1》
 -気になるエントリ!


【トランスジェンダー苦境 トイレ、浴場使えず周囲の目も 被災時に配慮不足露呈 – 熊本のニュース  – 47NEWS(西日本新聞)】
【熊本地震:「つぶやき」リアルタイム検索で被災者支援 – 毎日新聞】
【熊本地震:障害者が拠点設立…仲間の安否確認、生活支援へ – 毎日新聞】
【内閣広報室が「熊本地震被災者応援ブック」を無料公開 – ITmedia ニュース】
熊本・大分地震関連のエントリをまとめて。「災害時にこそ、障害のあるひとや低所得のひとたちがいちばん大変な目に遭う」というある種「原則」のようなものがやはり具現化してきています。それにしても、東京都が発行した防災ガイドブック「東京防災」のときにも思ったのですが、内閣府の応援ブックに関しても生活保護に関する記述はほとんどみられません。セーフティネットとしての認識がないのか、それとも認識はあるけど殺到されたら困るから記述しないだけなのか…。

——————————————————————————————————————

以上、2016年4/3号から5/1号までの「今週のフクシ・エントリ!」をまとめてお届けしました。

「今週のフクシ・エントリ!」は、メルマガではぎゅぎゅっと凝縮した抜粋版をお届けしておりますが、はてなブックマーク(はてブ)やツイッターではこちらで紹介しきれないさまざまな福祉関連ニュースやトピックなども随時取り上げておりますので、お時間のある方はそちらもぜひチェックしてみてください。「はてブ」では、ジャンルごとにタグ分けしておりますので、特定ジャンルのエントリだけをまとめて閲覧することもできますので、ご活用ください。また毎週のメルマガ記事はSCAサイトにも再掲いたしますので、合わせてご覧ください

【今週のフクシ・エントリ! by SCA(はてブ)】
 →今までにピックアップしてきたニュースを全て閲覧できます!(リンク切れの場合あり)
http://b.hatena.ne.jp/sca_fukushi-entry/bookmark
【Social Change Agency ツイッターアカウント】
 →はてなブックマークへ取り込んだニュースをツイッターでも同時配信中♪
http://twitter.com/sca20130824
【「今週のフクシ・エントリ!」メルマガ抜粋版 一覧ページ】
 →メルマガに掲載した記事をSCAサイトに再掲します(ひと月分を月末にまとめて)
http://social-change-agency.com/archives/category/fukushi-entry

それでは、2016年4月分の「今週のフクシ・エントリ!」はここまで。

「今週のフクシ・エントリ!」が毎週読めるメールマガジン「ソーシャルワーク・タイムズ」は、
以下のフォームより購読申し込みできます!
↓ ↓ ↓